父親を諦める

私と父親は仲が悪い。

今、妹が巣立ち、母が亡くなり、この家に残ったのは、家で1番仲の悪い私と父親の2人になった。

 

クラクラする。

目眩がして倒れそうになる。

父親は何故、私のやることなすこと考えることを全て不満に思うんだろう。分からない。

家族とはいえ、そんなに自分でないもののことが気になるか?誰がなにをしようが、どうでもよくないか?よくないんだろうなあ。

 

父親は、すぐ物を捨てる。

自分が、なにも持ってないからだろう。人が大切にしているものも、どれだけそれが大切かなんて全く分からないのだ。人の感情を推し量れないのだ。可哀想な奴。

 

妹が就職して、家から巣立ったとき、父親は妹の居場所をなくした。

何故?

妹は帰ってくる。就職して一人暮らしをしたからってこの家のものでなくなるわけじゃない。当たり前だ。

母が亡くなったときも、母の物を捨てた。

そして、私のものを捨てようとしている。

自分が、なにも、もっていないから、そんなことできるんだろう。

 

耐えられなくなって、親戚の家に世話になった。父親に会うこともなくなった。

しかし私は家が好きだし、自分の部屋で休息したい。

それに、母がこの状態をはたして望むだろうかと。望んでるわけがない。

折り合いをつけて、生きてかなきゃ。

そう思って家に帰った。

すると父親は「もうなにもやらなくていい。洗濯も自分のものだけやればいい。食事も作らなくていい」と言った。

この言葉で私の心は壊れてしまった。

いいのだ。自分のことだけやればいいと言われたのだから、やっと父親を排除できることになったじゃないか。嬉しいことなんだ。

なのになんでこんなにショックを受けているんだろう。

それはきっと、少なからず父親に「期待」をしていたんだろう。

どうにかなる、なんだかんだ言って親子に戻れると、思ってたんだとおもう。

 

心が割れそうだ。

もうなにも期待したくない。

絶縁したい。

さっさと再婚でもしてどこかへ行って欲しい。

私もどこかへ行きたい。(でもできない)

 

世の中の、父親と相容れなくて悩んでる人たち、結構こんな状態の親子はいる。だから安心して欲しい。というか私が安心する。

親だから立派なわけじゃない。

立派な人たちもいるけれど、それは「親」だから立派なんじゃなくて、人間として立派な人が親になっただけなのだ。

 

家以外の居場所がある人は、そこから逃げよう。逃げる事は悪い事じゃない。

私のように他に居場所がない人、一人暮らしできるお金もなく、とどまることしか出来ない人、一緒に頑張ろう。

もしかしたら、ずっと心を殺して生きていかないといけないかもしれない。でもきっと自分よりも早く親は死ぬ。それまで頑張ろう。