雑感

ありがたいことに、キンプリファーストコンサートの横アリ公演に入らせてもらった。

 

最初に総括すると、良いコンサートだった。完璧すぎたくらいに。
隙が無さすぎて、フレッシュさが全くない……と感じてしまったけども、それは良い意味かな。


無条件で楽しいコンサートだったので、入れない人がいることがとても悔やまれる…。
私も当初は入れない側の人間だった。応募した分は全滅だった。仕事中に全滅を確認し、「もう降りろってことかもな」と思っていた。ゲンキンな人間なので、担降りすら考えてたのにお誘いいただいてあっさりついていかせてもらったのだった。

 

私のフォロワーはうっすら分かってると思うが、私はキンプリに興味がない。好きになろうとはしたけども、人の感情ってそんな単純ではないらしい。
平野くんのことが好きなので、好きなつもりなので、彼のことは見ていたが、春ごろからグループで出ている雑誌やその座談会など一切知らないと言ってもいい。そして雑誌だけじゃなく歌番組等も、「顔が可愛いな」で消化する毎日が続いた。


前日になっても、あまりドキドキしなかった。違う意味でドキドキはした。何の曲やるだろうと考えた時、Mr.KING時代の曲を「あえて」やらなかったらどうしよう…と思った。俺たちもうキンプリやから。キング時代のファンは成仏してくれや。そんな感じだったらどうしよう……。


いよいよ始まってしまったとき、イスに座って彼らが降りてきたとき、やっぱり私はあんまりテンションが上がらなかった。いや、楽しい。楽しいけども、下の方で子どもが…過疎地域の小学校の児童よりも多い子どもがワラワラやってんのに叫んでしまった。推しメン内村颯太くん、立ち位置確認オッケンティ。


…いやいや子どもも大事だけど、私は平野くんを見にきたんや。あの美貌を見なくてどうするよ。と平野くんを見てもさっぱり現実味がない。健人くんもだけど、1番好きな人は見ても現実感が無いのだ。あと目が悪すぎて(夜盲症の気もある)双眼鏡をのぞいてもあんまり顔が見えなかったりする。平野くん顔がちっさすぎて目が悪い人に優しくない。
イスに乗って降りてくるやつは、双眼鏡のぞいたり、モニター見てみたり、子ども見たりそんな感じだった。


手元にセットリストが無いので、照らし合わせることができない…。というかほぼ何も覚えてない。ので思ったことを書いていく。


・平野くん顔が可愛い。ご機嫌のようで何より。ダンスバキバキだった。なんかトークちゃんとしてた気がする。溢れたところを拾うっていうか。
・廉くんの赤のガウンぽい衣装最高。優勝。あとめっちゃ自分喋るやん。ずっと廉くんの声してたなってくらい喋るやん。
・かいちゃん笑い方がどちゃくそかわいい。アハハハハ!!!
・デレラのバンドアレンジ?最高。あれでジャンプすんのめっちゃええやん。ちょっと緩めのフェスとかでやろう。
・ねえじぐいわなんで喋らんの?喋ってよ!!よく知らんけど近年はあんな感じなん?腐売りとか言われて控えてんの?やったらいいのに。ジャニフワのとき、めっちゃじぐいわ良いなって思ったんだよ。腐売りパフォーマンスとかそれじゃなくて、相互扶助の関係っていうかお互いを補っててシンメ厨は胸を打たれていたのです。あれが見れなかったのが残念。まぁ平野くんしか見てないので見落としてたといったら分からないんだけど……。もし何かに遠慮しているのなら、気にせずやればいいのに、と。
・何が新曲なのか分からない問題。

 


いくつか述べたけど、正直こんなこと書きたくてブログを書いたわけじゃない。言いたいことはひとつだけ。

 

 


ごめん私、Mr.KINGがやっぱり好き

 


思ってしまった。完全に思ってしまった。
序盤に述べた、「KING時代の曲やらなかったらどうしよう」問題は、サマサマキンの登場で、砕け散った。というか、オープニング映像しかり、立ち位置しかり、「KING」「Prince」めちゃくちゃ区別するやん!!??いやもちろん6人でやるパフォーマンスのほうが圧倒的に多いけども、でも、こんなに「KING」と「Prince」を意識させるようにしてくるとは思わなかった。そんなことされたら、期待してしまうじゃないか。骨を拾ってくれるんだって。


デビュー発表があってから、Mr.KING箱推しだった私は、King & Prince箱推しに移行することができず、平野くんの単推しになった。ならざるを得なかった。KINGのことを見ていると、色んなところから「こんな厄介オタクはいらない」と言われてる気がして嫌だった。そうやってKINGを遠ざけているうちに、廉くん、かいちゃんの2人を見ても、昔の3人の写真を見てもとくにトキメクことがなくなっていた。Mr.KINGのファンだった私は、思い出になってしまったと思っていた。


サマサマキンを歌って踊ってる3人は、私が1番見たかった光景だった。ラブとラブでスペシャルハート。これが永遠に続けば良いと思った。


サマキン以外にも、TDBやダンスのとこなど「KING」しかステージにいないところが多々あって、その度に私は「やっぱりKINGが好き」と噛み締めた。


「キンプリ」のデビューコンサートでこんなこと思ってしまうのはダメなのかもしれない。でも思っちゃったんだもの。しょうがないじゃん。きっと他にもいるでしょ。もしかしたら肩身がせまい思いをするかもしれないけど、まぁ一緒の気持ちの人はここにいるよって。

 


終盤の挨拶で、岸くんが言ってたことで、私の気持ちはスッとしたんだけども、まぁ覚えてないんだよね。これからキンプリを作っていきましょうとかそんな感じのことだったと思う。
今、1人しか、3人しか好きじゃない人も受け入れてくれたんだなって思った。そしてこれから好きになってけば良いって。そう言われた気がした。

 


どうでもいいのだが、この公演は私のオタクスタンスというか優先順位が決まる公演だと決意して入った。
……のだが、びっくりすることに入った前後で何も変わらなかった。相変わらずキングが好きだし、子ども見ちゃうし、でも、またコンサート行きたいなって気持ちになった。


良いコンサートだった。ツアーは始まったばかり。私の夏は終わったけども、まだまだ彼らは駆け抜ける。無事に、誰も怪我なく終われば良いなと思う。

 

 

 


以下、バックのジュニアについて

 


あの、織山尚大くんて知ってます?かいちゃんファンなら知ってるでしょう。ブログに書いてたもんね。あのダンスがうまくて服の趣味が合う織山くんです。
この子も横アリにいて、バッキバキにやってたわけですよ。それはもうバッキバキだった。運良く、外周の織山くんが良く見える位置にいたので、ロックオンして見ていたのですけど、凄かったね。SHAKEの織山くん、見ました?見なかった人正直言って損してる。その時キンプリはトロッコで上空を回ってて、私は目が悪いので見るのをやめてジュニアを見てたわけです。顔が可愛くて、ひときわ頭が小さくて、骨自体多分他の子よりも細くて小柄に見えるのが織山くんです。これから入る人で、遠くの自担より近くのジュニアて人がいたら是非見て欲しい…………と言いたいんだけど多分少年忍者の子って地方回らないんだよね……。サマステあるから……。私が悔しいわ。
ダンスアレンジしすぎて原型留めてないのは尊先のかいちゃんに似てると思うし意識してると思う。通じるか分からないけど、マインドは須田亜香里さん。あんなん瞳の中のセンターになるしかない。あんなに「俺を見ろ!!!!」って全身で叫べるの人はなかなかいない。大事にしてほしい。


織山くんの話をしてしまったけど、ジュニアの子たちみんなみんな良かったね。ちゃんと見せ場を作ってくれたのは、キンプリがジュニアのコーナーの大切さをありがたさを知ってたからだよね。きっと。こうやって引き継がれて行くのかあ…ってセクシーのオタクの私は感慨深いものがあったのでした。

 

ねちねちしたいわけじゃないけど、何故嫌なのか、何故モヤモヤしているのか、書こうと思う。何にもならないのだからただの愚痴だ。

 

まず、「映る時間が減る」

私は平野くんのファンなのでまぁ…おそらく目立って出番削減は無いと思う。が、今まで1分を3人で使っていたのが6人になるわけだ。単純に考えると1人20秒使っていたのが10秒に減る。雑誌のページだってそうだ。今まで3ページ与えられて1人1ページ使ってたものが半ページになるのだ。

歌割りもそうだ。今までの半分になるのだ。

今までだったらここもそこもあそこも平野くんが歌ってたはずなのにな〜ってねちねち思うだろう。

トキカケを見たが、うちの双子ちゃんはほぼ喋ることはなかった。6人になるってそういうことだわ、と感じた。

 

次に、与えられる楽曲だ。

今までKINGに提供されてきた曲・カバー曲と、Princeに提供されてきた曲・カバー曲、毛色が違うのは明らかだ。KINGはNEWSの曲をやることが多かったけど、それが良かった。オリジナル曲も柔らかな方向性で好きだ。

ジャニオタって、ガンガンかっこつけてオラオラしてる曲やダンスナンバーが好きだと思う。まぁそこは人によりけりなんだけど、人気があるのはそういった曲だと思う。私はそれが苦手だった。脱がなくていいし、色っぽい歌詞もいらないし、腰も振らなくていい。「癒し」が欲しかったのだ。私の需要とKINGの供給はガッチリハマっていたのだ。

もし、k&pが「勝つんだ」や「BTN」の路線でいくなら、私は振り落とされるだろう。全く好きじゃないのだ。

 

六人揃うと強いよね、って言葉、よく聞いた。担当からも、他担からも。

でも聞くたびに、モヤモヤした。だって私はそこに「強さ」なんて求めてないから。

欲しかったのは「暖かさ」だった。

 

「強さ」がみたいなら、他のグループを見ればいい。強くてかっこいいオラオラしたグループは他にたくさんある。KINGはそこを目指さなくていい、KINGらしいグループになればいい。

そう思っていたのが、今度は自分にブーメランされたみたい。

 

「癒し」を求めるなら、k&pを見なければいい。他の子を見ればいい。

過去の自分が、そう言っている。

 

まぁ、デビュー曲がオラオラ系なのか、癒し系なのか、はたまたファンタジー系なのか。その他なのか。分からないし。今拒否しているものが、あっさり受け入れられるかもしれないし。

 

好きだったのに、振り落とされるかもしれないんだな、と悲しくて寂しくて崖の淵に立っているみたいな感覚。

 

3人の声が聞きたいな。3人の歌が聞きたいな。

ただそれだけなのに…。

素直な気持ち

これは反射だけで書いたものです。


単刀直入に言うと、すごく、嫌だ。そして、「負けた」と思った。何に負けたんだろう。分からない。とりあえず私は負けたのだ。

平野くんを好きになったとき、そしてこの子がデビューするのを見たいと思ったとき、そのとき私は「どんな形でもいいからデビューしてほしい」と思った。それがソロでもKINGでもPrinceとでも他の子とでも。平野くんは目的のためにはなんだってする子だと感じた。だから我が我がで良いからこの子がスターになるところを見たいとそう思っていた。
好きになった頃、もうその頃にはキンプリは2つのグループになっていた。6人とも顔も可愛いしなんでこれでデビューしなかったのか、この6人でデビューできたら1番平和かもなと思っていた。
少し時間が経ち、私はMr.KINGを好きになった。「平野くんがいるグループ」から「平野くんはMr.KINGの一員」という認識になった。最初は、平野くんの友達(という言い方もどうかと思うけどあえて)だから2人のことも知らなきゃなと思って「KING」単位で見るようになった。過去の少クラや、毎月出るドル誌。それを追うにつれていつのまにか「Mr.KING」が大好きになっていた。
KINGの好きなところは、沢山ある。1番は雰囲気なんだろうなと思う。兄弟のような仲の良さ。お互いを尊重しあう姿勢。現代っ子らしいおとなしさ。
そんな「ホンワカ」した3人が、日々の癒しだった。

よく、「3人ではデビューは無理だ」と他担の人が言っていた。何で?と思った。私は、3人のMr.KINGが日本を癒してくれると本気で思っていた。いいじゃないか3人。たまには少人数でもいいじゃない。だって唯一無二だもの。ずっとずっと信じていた。
「平野くんがデビューできるならなんでもいい」から「Mr.KINGでデビューしてほしい」になってしまっていた。時間が経ち過ぎた。

信じていたものは、あっけなく消えた。平野くんの見ている先は、私の見ている先と全く違ったのだ。ショックだった。
そりゃあ、スターと一般庶民の見てる未来が一緒なわけがない。失礼だ。でも、勘違いした厄介なオタクは、平野くんは3人でデビューできると、天下を取れると思っていると、思っていた…。

新聞やインタビューの類はよく読めていない。声の大きいところしか知らない。何がどういうことなのか、理解はできていない。
かなり前、それこそキンプリ結成の時から平野くんは6人でデビューしたいと思ってたんだろう。そこは、分かる。そうだろうと。でも、2つに分かれてからも、それを望んでいた、のか、と、脱力した。斜め読みしかしてないから分からない。そういうことなのかは分からない。
私が好きになったのはMr.KINGだった。3人だった。でも平野くんは(他の2人は分からない)KINGでいながら、6人を望んでいたのかと、じゃあ私は一体今まで何を見てきたの?と、そう感じた。
平野くんにとってMr.KINGが1番特別であってほしい、という思いは、ただの厄介なオタクの押し付け。

私だって、大手を振ってお祝いしたい。喜びの感情だけでおめでとうって言いたい。
なんでこんな、1番1番待っていて望んでいた日を、私は祝えないんだ…?

こんな嫌な感情になるなら、出会わなければ良かったねなんてメンヘラ女みたいなことを思いそうになる。でもやっぱKINGを好きになってからの期間はとっても楽しかったから、出会わなければ良かったなんて思わない。

これから自分が「キンプリ」を応援できるのかは分からない。
平野くんのことは好き。れんくんもかいちゃんのことも好き。Princeのことだって好きだ。6人で幸せになってほしいと、心から思う。

中途半端な感じだがここで終わる。結論が出せるわけもない。
昨日思ったことと、今日思ったことは違う。明日思うことも明後日思うことも違うだろう。変わることは、許してほしい。誰に、というわけではないけど。
書いたら、スッキリ…はしてないが、あぁ自分はこう思ってるんだと確認することができた。私は、こう、思っている。

ついにこの日が来てしまった。

この日と言ったがこの日の「前日」である。

あっという間だったな。

まさなちゃんがアイドルを卒業する日。

SKEを卒業する日。

本当にそんな日来るんだな。びっくりだわ。

 

私は在宅だったゆえ、まさなちゃんを見たのは両手で数えきれるレベル。なんなら片手かもしれない。

 

劇場にも行けない、コンサートにも行けない、握手会も行けない

 

そんなオタクが、5年間オタクでいれた。

 

まさなちゃんは家にいても応援できる

「応援させてくれる」

「応援してると思わせてくれる」

アイドルだった。

 

現場に来ないオタクはカスだとか

まぁこんな言い方はしないけどそう言うふうなことをいうアイドルは、いる。

 

でもそんなこと勿論言わないし、醸し出すこともしなかった。

 

まさなちゃんが今日もアイドルやってる、元気で生活している

 

そのことだけで、5年間ファンでいれたんだよ。

それって、すごくない?

 

対面しなくても、心と心で、アイドルとファンが繋がっていれた。

 

まさなちゃんは凄い人です。

 

彼女のおかげで大学も卒業できたし

迷ったり悩んだりすることがあれば、彼女のブログを読めばそこには答えが載っていた。

いつも真っ直ぐで、誠実な人だったから。道しるべになってくれていました。

 

歌って踊って笑ってる彼女は、可愛くて、最高にかっこよかった。

まさなちゃんのknknした独特な声、ちょっとヘタウマなかわいい歌声、しなやかなダンス

歌番組でSKEが出てるとき、まさなちゃんをすぐ見つける方法は、1番楽しんでる子を見つけること。端っこでも後ろでも、1番1番笑顔で楽しそうに踊ってた。

 

それもそれも、明日で終わり。

歌って踊るまさなちゃんは、明日で終わり。

 

寂しいけれど、きっとまた見れると思うから。

12月からは違う道。

その道にファンも連れてってくれるなら、とても幸せなことです。

 

ひとまず、まさなちゃんのSKE最後の日が、幸せで包まれますように。

それだけお祈りして、おやすみなさい。

どうやら、真那ちゃんはちゃんと、卒業後のことを伝えて旅立ってくれるらしい。

ありがとう。助かる。けど、考えるとまたつらくなる。

卒業後、どんな道を選んでも、彼女が幸せであるように。その思いだけは今まっすぐ思える。

あれから3日経ち

おそらく真那さんはSKEにいるときにやっておきたいことをやっておくんだろう。

いやはや、三年以上覚悟していたのに、いまだ心の暗雲は晴れない。1人のアイドルが、1人の女の子に戻るだけなのに。

 

今日カラオケに行き、真那さんが歌ってきた曲を歌った。さすがに望遠鏡のない天文台は涙がこぼれてしまった。卒業コンサートなのか、卒業公演なのか…きっとこの曲を披露するだろう。きっと美しく、輝くんだろう。

 

 

Starlight 情熱の星
Starlight 青春の日々
変わらずに輝いてる
星空に切なくなる
Tonight 吹き抜ける風
Tonight 夏草の匂い
君のことを思い出す
甘くて少し苦い
あの夏の恋

 

 

『星の地図に 載っていない あの夜に見つけた 名もない星』

 

あの日見つけた星は、大矢真那というひときわ輝く星だった。今日も君のことが1番好きだ。

 

大矢真那さんの卒業発表から1日経って

5年間応援していた推しが昨日卒業発表した。

大矢真那さん、君がいない生活に私は耐えられるだろうか。
 
数字にするとちっぽけなもので。5年という数字が人にどう映るか分からないが、私自身は「そんなもんだっけ」という気持ちになった。
 
真那さんが活動していた9年間、その4年目に君を見つけて、今に至る。
 
真那さんが自分の世界の中心になった日のことはあまり覚えていない。元々AKB48が好きだった。大家志津香さんがミラクル9に出演するようになった頃だろうか。なんとなく大家志津香さんのことを気にかけていて、その年にあった第3回選抜総選挙大家志津香さんの結果を見た。大家さんは29位で、その下の30位に真那さんの名前があった。単純に「おおや」が2人続いてる面白い、と思った。真那さんの存在を知ったのはその時が初めてだった。
 
それから、どんな子なんだろうと思い画像検索をした。別にタイプでは無かった気がする。でもなんとなく気になって、「大矢真那が可愛い」的なまとめを延々と見ていた。
ずっと見ていると、この子のこと好きになっちゃってるかもと気づいた。恋に気づいてからは早くて、それまでのブログを1から全部読んだ。画像も逐一保存した。
 
それまではアイドルのことは好きだったが、その人の内面には興味を持ったことはなかった。顔が可愛くてそれを見て幸せを得られれば成立していた。
ブログを読んだのも、写真を保存するためだった。しかし、真那さんの文章は人を惹きつけるものがあった。真っ直ぐで、素直で、嘘がなかった。いつの間にか私は真那さんのことを「人間として」好きになっていた。
 
紅白のこととか総選挙のこととか、ナゴヤドームのこととか、真那さんの好きなところとか、書いたらきりがないし、この記事は私が真那さんのことをいかに好きかということを書きたくて書いているわけではないので割愛する。
 
真那さんは、SKE48を卒業してからも芸能活動を続けるのか分からない。まだそれについて発言していない。
卒業してソロ活動をする真那さんのことを少し楽しみにしている自分もいた。タレントとして活動していくのか、モデルか、はたまた作家か。どのような道を選んだとしてもソロに進む真那さんを今まで通り、いや今まで以上に応援できると思っていた。
卒業発表を知ってから、私は至って冷静だった。アイドルの真那さんを見れなくなるのは寂しいけれど、この先の未来も楽しみだと感じていたからだ。他のファン、SKEファンの人はどう思っているんだろうとサーチをかけた。すると、多くの人は、真那がSKEを卒業=芸能界引退、を感じていた。
 
真那が、私の前から消えてしまうかもしれない。
 
その可能性が、ある。
 
それが頭によぎった時には、もう立っていられなかった。ベッドに倒れて呼吸が出来なくなるほど泣いた。
 
私にとって真那さんは神様であり、生活だった。いつも頭の一部に真那さんがいた。真那の存在が、生きる意味だった。
神様を失った自分は、これからどうやって生きていけばいいのだろう?
 
真那が幸せなら私も幸せ。それもある。だからどの道を選んでもきっと自分は幸せに思える。…そうだろうか?分からない。
 
芸能人の引退、それはもう存在の消去なのではないかと思う。どれだけ思いを寄せてもその思いは思い出の中の彼女に向けたものなのではないか。
 
「綺麗な思い出」になんてしたくない。「思い出」になんてなってほしくない。彼女が今日も元気でいることを確認したい。モバイルメールで今日何を食べたか報告してほしい。髪の毛を切ったことも報告してほしい。ブログで毎日おやすみなさいと言ってほしい。
この日常が、ある日突然無くなってしまうの?
 
前述した通り、真那さんはまだ今後の活動を発表していない。私の不安や心配は杞憂に終わるかもしれない。(杞憂であってほしい)
真那さんの卒業発表を受けての自分の感情の記録を残したかったので、この記事を書くに至った。
 
真那さんは言霊の人だった。
声に出して願えば夢は叶う、そうずっと唱え続けて、いくつもの夢を叶えて来た人だった。だから私も願いを文字にしておこうと思う。
 
 
真那さんのSKE48としての活動期間が、12月31日まででありますように。
卒業コンサートを開いてくれますように。
真那さんの夢が1つでも多く叶いますように。
これからもずっと芸能人でいてくれますように。
 
2017.6.27